ホームヘルパーの仕事とは?

ホームヘルパーとは訪問介護員のことを指します。その昔は「家庭奉仕員」とも呼ばれていたそうです。ホームヘルパーの仕事は、ヘルパーの出張版、と考えるとわかりやすいでしょう。

ただし介護を必要としている人の自宅にまで行かなければなりませんので、「誰かの家に訪問する」という緊張感が生まれますね。人の家、というのはどうしても緊張するものです。この緊張を乗りこえるのもまたホームヘルパーの仕事になります。

ホームヘルパーの仕事内容は?

さて、では具体的にはどんな仕事をするのでしょうか。ホームヘルパーの役割は、お年寄りの身の周りをのお世話をしてあげることです。若いうちは問題なくできていた生活が、年をとって体が不自由になるとだんだんできなくなってきます。“体が不自由になる”原因は“老化”と“病気”の二通りです。

後者の場合ですが、ホームヘルパーは医者ではありませんので、医療行為に関与することはありません。

入浴のお手伝い

ホームヘルパーの代表的な仕事と言えます。1人でお風呂に入れなくなったしまったお年寄りを支え、体をきれいにしてあげます。人間はとても重たくかなりの力が要求されますから2人以上で支援することもあります。

排泄

こちらもホームヘルパーの仕事ですね。最初のうちは抵抗があるかもしれませんが、とてもとても大切な仕事です。生活において排泄はなくてはならないもの。トイレにまで支えて行くこともあれば、おむつの交換をすることも。

食事の補助

介護と言われて真っ先に思い出すのがこの仕事かもしれません。手に力が入らなかったり手が持ち上がらなかったりするなら、食事の補助が必要になります。

体がつらくてもおいしく食事ができるよう笑顔でサポートしてあげることが大切です。

着替え

入浴や排泄が難しいのですから、当然着替えも1人では難しくなってきます。同じ服ばかり着続けていると気持ち悪くなってくるもの。

新しい服に着替えさせてあげれば、きっと気持ちも晴れやかになってくるでしょう。

さて、上記はすべて「介護サービス」に分類されます。ホームヘルパーの仕事は介護サービスの他に「家事援助サービス」もあります。

家事援助サービスとは、家事を代わりに行う仕事です。料理を作ったり、家を掃除したり、着替えを洗濯したり、といった感じですね。家のすべてを任されるのですから責任重大な仕事です。

ホームヘルパーはやらなければいけない仕事が多いものの、間近でお年寄りの笑顔を見れたり感謝の言葉を聞けたりするため、やり甲斐を感じられます。